リビングの電球形蛍光灯が切れました(ぇその10

<< 階段の電球が切れました(ぇ |

2017/09/08

2017年9月8日,電球形蛍光灯が1つ切れていることに気づきました。今回も切れたのは3波長形昼光色のほうです(ぇ

そして同じ日に取り替えをしました。

1枚目画像 取り替える前の画像。

2枚目画像 今回はMITSUBISHIのLDA6N-G/60/S-Aを購入しました(ぇ これまでにリビングの電球形蛍光灯8個のうち3個をLED電球に交換しましたが,今後8個すべてがLED電球になったとき,もしその全てが昼光色だとリビングが青くなりすぎてしまうのではないかと思い始めたので,結局昼光色と昼白色を交互に取り付けて使用するという方針に変わりました(何 というわけで今回は昼白色相当のLED電球を購入しています(ぇ HITACHIは昼白色相当のLED電球を製造していないので,残るTOSHIBA,Panasonic,MITSUBISHIの3社から選ぶことになり,その中で最も安かったのがMITSUBISHIのLDA6N-G/60/S-A(約1,300円)だったということになります(ぇ

3枚目画像 今回切れた電球形蛍光灯(左)と新しいLED電球(右)。左がPanasonic パルックボールプレミア EFA15ED/10H2で,右がMITSUBISHI LED電球 LDA6N-G/60/S-A。
さて,今回切れたパルックボールプレミア EFA15ED/10H2の定格寿命は13,000時間です(ぇ この電球形蛍光灯は不定期日記を始めた2011年8月の時点ですでに使用しているので,少なくとも6年以上は使用したと思われます(ぇ 一日10時間点灯して6年もったとして計算すると,なんと21,900時間,定格寿命の約1.7倍も点灯したということになります(ぇ どうやら当たり品を引いたようです(何 さらに同じく6年以上使用している電球形蛍光灯があと2つあります(詳細は最後の画像)(ぇ いつまでもつのか楽しみです(何
ところでそのパルックボールプレミアですが,2015年6月に生産終了してしまったようです(メーカー発表のPDF資料)(ぇ 現在はその代替品として新たなパルックボールが製造されているようですが,パルックボールプレミアと比べて大きく性能が低下しています(何 パルックボールプレミアでは,蛍光灯に電球形のカバーをつけたA形が製造されていましたが,現在のパルックボールは蛍光灯がむき出しのD形しか製造されていません(ぇ また,EFA15ED/10H2とその代替品となるEFD15ED/11Eを比較すると,消費電力が10W→11Wに上昇し,しかも明るさが730lm→670lmに低下,定格寿命も13,000時間→10,000時間に短くなっています(ぇ メーカーがLED電球の普及を進めたい思いを強く持っていることがよくわかります(何 実際にもLED電球の発光効率はこの数年間で大きく向上しているので,電球形蛍光灯の時代はもう終わったと言ってもよいかもしれません(ぇ

4枚目画像 取り替えました。無事点きました!しかし写真だとわかりにくいのですが,もしこの配列のままLED電球への交換を今後も続けてしまうと,いずれ昼光色と昼白色が交互に並ばなくなります(ぇ そこで画像で示した2つのLED電球を入れ替えます(何

5枚目画像 入れ替えました(ぇ これで今後の交換も問題なくできるようになりました(何

6枚目画像 2017/09/08時点でのリビングの電球形蛍光灯・LED電球の使用状況(?)をまとめてみました(ぇ 前述した「6年以上使用している電球形蛍光灯」とは電球色の電球形蛍光灯のことです(ぇ 1つは使用開始時期不明(2011年8月より前),もう1つは2011年8月10日使用開始(リビングの電球形蛍光灯が切れました(ぇで取り替えたもの)です(ぇ

<< 階段の電球が切れました(ぇ |