1.CPUの取り付け

<< 組み立てる上での注意事項 | 2.CPUクーラーの取り付け >>

最初にCPUの取り付けを行います。

※Intel製のCPUの取り付け方を説明しています。AMD製の場合取り付け方が大きく異なります。

CPUの取り付けの写真1 CPUの取り付けの写真2

まずCPUを用意します。CPUは透明なカバーに入っています。まだこのカバーは開けないようにしてください

CPUの取り付けの写真3 CPUの取り付けの写真4

次にマザーボードを用意します。箱を開けて中に入っているものをすべて取り出し,もう一度箱を閉めます

CPUの取り付けの写真5 CPUの取り付けの写真6

マザーボードを袋から取り出します。1枚目写真のように,マザーボードの裏面にははんだ付けの突起がたくさんついています。硬い机の上で作業するとマザーボードや机を傷つける原因になるため,2枚目写真のように箱の上にマザーボードの入っていた袋を乗せ,さらにその上にマザーボードを乗せて作業します。

CPUの取り付けの写真7

CPUのカバーを開けておきます。

CPUの取り付けの写真8 CPUの取り付けの写真9 CPUの取り付けの写真10

CPUソケットの右にあるレバーを下に押しながら右に移動させ,ロックを解除させます。1枚目写真の矢印のように動かします。

ロックが解除されると,レバーは自然と少し上に持ち上がります。そのままレバーを上に持っていくと,CPUカバーも一緒に上に持ち上がり,CPUソケットの内部が見えるようになります

CPUの取り付けの写真11

CPUソケットの内部にはびっしりとピンが並んでいます(今回のCPUソケットは「LGA1150」なので1150本)。このピンは折れやすいので,絶対に触らないでください。もしピンが折れていた場合は購入した販売店に相談し,マザーボードの交換などの処置を行ってもらってください。また,ピンにゴミが乗っていると接触不良の原因になります。ピンセットなどで慎重に取り除いてください

CPUの取り付けの写真12 CPUの取り付けの写真13 CPUの取り付けの写真14

CPUをカバーから取り出します。CPUの裏にはびっしりと端子が並んでいます(CPUソケットと同じく1150個)。この部分には絶対に触らないでください。CPUを持つときは3枚目写真のようにふちの部分を持つようにします。

CPUの取り付けの写真15 CPUの取り付けの写真16 CPUの取り付けの写真17

CPUについている「凹」形のくぼみとCPUソケットについている「凸」形の出っ張りが合う向きで,CPUをCPUソケットに真上から慎重に乗せます。なお,このときは上に乗せるだけで十分です。乗せた後押し込む必要はありません。

CPUの取り付けの写真18 CPUの取り付けの写真19 CPUの取り付けの写真20 CPUの取り付けの写真21

CPUを乗せたら,CPUカバーを下ろします。このとき,CPUカバーの先端についている金具と,マザーボードについているボルトがうまくかみ合うように下ろします(1枚目写真の◯印)。2枚目写真のようにうまくかみ合っていない状態ではCPUを固定できません。微調整してうまくかみ合うようにしてください。

調整したら,レバーを下に下ろし,3枚目写真の矢印のようにCPUカバーのレバーを引っ掛ける部分(3枚目写真の◯印)にレバーを引っ掛けます。なお,このときに力が必要です。また,マザーボードによってはレバーを下ろすときにきしみ音がすることがありますが,CPUカバーを正しく下ろしていれば問題ありませんのでそのまま下ろしてください

CPUの取り付けの写真22

CPUを固定するとCPUソケットを保護するプラスチック製のカバーが外れます。このカバーはマザーボードの修理の際などに必要になるため,捨てずに保管しておいてください

これでCPUの取り付けは完了です。

<< 組み立てる上での注意事項 | 2.CPUクーラーの取り付け >>