11.ドライバのインストール

<< 10.OSのインストール | よくあるトラブルと対処法 >>

ドライバのインストールを行います。

ドライバのインストールの写真1

スタート画面で「デスクトップ」をクリックし,デスクトップ画面を表示しておきます。

ドライバのインストールの写真2

ドライバのインストールディスクを用意します。ドライバのインストールディスクはマザーボードに付属しています。光学ドライブにディスクを挿入して数秒ほど待ちます

ドライバのインストールの写真3 ドライバのインストールの写真4 ドライバのインストールの写真5

数秒すると,画面右上に1枚目写真のようなものが表示されますので,クリックします。さらに「Run.exe の実行」をクリックします。その後,ユーザーアカウント制御のウインドウが表示されますので,「はい(Y)」をクリックします。

ドライバのインストールの写真6

ドライバをインストールする画面が表示されます(画面はマザーボードによって異なります)。必要なドライバをインストールします。Windows 8では,Windows 7までと比べて標準ドライバの数が増えたため,専用ドライバをインストールしなくても動くデバイスが増えましたが,専用ドライバをインストールすることでそのデバイスの性能を最大限に引き出すことができます。そのため,できるだけ専用ドライバをインストールすることをお勧めします。なお,今回のマザーボードでは「Xpress Install」をクリックすると全てのドライバが自動的にインストールされるようになっています。ドライバをインストールした後は,必ずPCの再起動を行ってください

※この後,インターネットへの接続の設定を行いますが,このサイトでは解説しておりません。ご了承ください。

これでドライバのインストールは完了です。

<< 10.OSのインストール | よくあるトラブルと対処法 >>