8.マウス・キーボードなどの接続

<< 7.各種ケーブルの接続 | 9.BIOSの確認・設定 >>

次にマウス・キーボードなどの接続を行います。

マウス・キーボードなどの接続の写真1 マウス・キーボードなどの接続の写真2

マウス・キーボードを用意します。今回はマウスとキーボードがセットになったものを購入したので,電波の受信機(レシーバー)は1つで済みます。

マウス・キーボードなどの接続の写真3

電波の受信機(レシーバー)が付属しているので,それをマザーボードのUSB端子に接続します。レシーバーは非常に小さいため,USB端子への抜き差しが難しいことがあります。その場合は写真のようなUSBエクステンダーを使用して接続しやすくします。マウスとキーボードが別々の場合は,それぞれをマザーボードのUSB端子に接続してください。また,古いものだとUSB接続ではなくPS/2接続になっている場合があります。その場合は,マザーボードのPS/2端子(今回のマザーボードだと写真にある紫色と緑色が混ざった端子)に接続してください。最近のマザーボードはPS/2端子が用意されていないものが多いです。

マザーボードには黒色のUSB端子と青色のUSB端子があります。青色のUSB端子は「USB3.0」という新規格に対応しており,転送速度が従来の「USB2.0」(黒色のUSB端子)より大きく向上しています。USB3.0の速度で使用する場合はマザーボードとUSB機器の両方がUSB3.0に対応している必要があります。USB3.0に対応したUSB機器はマザーボードと同じく端子が青色をしています。今回使用したレシーバーは端子が黒色なので,USB2.0までの対応です。なお,USB2.0と3.0は理論上は互換性があり,どんな組み合わせでも理論上は使用可能ですが,マザーボードによっては不具合が発生する場合があります。そのため,黒色端子同士(USB2.0),青色端子同士(USB3.0)で接続することをお勧めします。

マウス・キーボードなどの接続の写真4 マウス・キーボードなどの接続の写真5

TV(ディスプレイ)とHDMIケーブルを接続します。HDMIケーブルを用意し,マザーボード側のHDMI端子に正しい向きでHDMIケーブルを接続します。マザーボードによってはHDMI端子が複数ある場合がありますが,どこに接続しても問題ありません。

映像の出力手段としてHDMI端子以外にもDVI端子やVGA端子などがあります。DVI端子は,HDMIと同じく映像をデジタルで転送するためノイズが少ないのですが,音声は同時に転送できないため別途で音声ケーブルが必要になります。VGA端子は,昔から広く使われてきた映像出力の規格ですが,映像をアナログで転送するためノイズが発生しやすく,また音声も同時に転送できないため別途で音声ケーブルが必要になります。

マウス・キーボードなどの接続の写真6

続いてTV(ディスプレイ)側にも正しい向きでHDMIケーブルを接続します。TV(ディスプレイ)によってはHDMI端子が複数ある場合がありますが,基本的にどこに接続しても問題ありません(TVに接続する場合はこの限りではないため,取扱説明書をご覧ください)。

マウス・キーボードなどの接続の写真7 マウス・キーボードなどの接続の写真8 マウス・キーボードなどの接続の写真9

電源に電源ケーブルを接続し,コンセントにプラグを差し込みます。なお,今回付属の電源コードにはありませんでしたが,電源コードによっては電源プラグの部分と一緒にアース線が出ていることがあります(3枚目写真)。アースは接続しなくても問題ありませんが,漏電などの万一のことを考えると接続できる場合は接続したほうが安全です

マウス・キーボードなどの接続の写真10

今回付属の電源にはありませんでしたが,写真のように電源にスイッチがついている場合があります。「◯」がOFFで,「|」(または「―」)がONです。

なお,電源プラグを差し込んだり電源についているスイッチをONにしたりした時点では,まだPCの電源は入りません。ケースにある電源スイッチを押すことで電源が入ります

これでマウス・キーボードなどの接続は完了です。

<< 7.各種ケーブルの接続 | 9.BIOSの確認・設定 >>