組み立てる上での注意事項

<< 今回使用するパーツの紹介 | 1.CPUの取り付け >>

自作PCを組み立てる上での注意事項です。

静電気に注意

PCパーツは静電気に弱いです。特に基板がむき出しになっているマザーボードやCPUなどは注意が必要です。また,冬場は空気が乾燥し,静電気が特に発生しやすくなります。PCパーツに触る前に必ず導体(電気を通す物質・例えば鉄製の部分)に手を触れて放電させ,体の静電気を逃がしてください

人の体には意外と多くの量の電気をためることができるため,電気のたまった体でPCパーツに触れると静電気が流れ,PCパーツが破損したり故障したりすることがあります。

けがに注意

PCパーツには鋭利な部分があるものがあります。手を切るなどのけがをする可能性がありますので,十分注意してください。

ゴム手袋を使用すると,けがを防止できます。ただし,編手袋などはパーツの鋭利な部分に引っかかることがあるため使用してはいけません

ミリねじとインチねじに注意

ミリねじとインチねじの違い

自作PCの組み立ての際,ねじを使用するところがありますが,そのねじには2種類あります。ミリねじインチねじです。

ミリねじは,ねじのピッチが狭く,インチねじより小さいねじです。マザーボード・SSD・光学ドライブの固定に使用します。

インチねじは,ねじのピッチが広く,ミリねじより大きいねじです。HDD・電源・拡張ボードの固定に使用します。

どちらのねじを使用するのかわからない場合は,とりあえずどちらかのねじで少し締めてみて,うまく締まらなければそのねじは違う種類であるということがわかります。決して間違ったねじで無理やり締めようとしてはいけません

ねじの締めすぎに注意

自作PCの組み立てでは,ねじをあまり強く締めません。ねじを回して抵抗が増えてきたらそこから数mm程度回すだけで十分です。もちろん緩すぎるのも問題がありますが,あまりにも強く締めすぎるとパーツの破損につながります

また,電動ドライバーも力が強いためパーツの破損につながります。必ず手でドライバーを回してねじを締めるようにしてください

取り扱いに注意

PCパーツはすべて精密部品です落としたり,衝撃を与えたりしないよう十分注意してください。数十cmのところから落としてしまっただけで数千円~数万円の部品が一瞬にしてゴミと化する可能性もあります。

感電などに注意

電源ユニットの電源プラグをコンセントにつないだままPCパーツの取り付けや取り外しをしてはいけません。感電したり,パーツが破損したりすることがあります。

組み立てて電源を入れたが正常に起動しなかったなどの理由でもう一度パーツの取り付けや取り外しを行う場合は,必ず作業の前に電源ユニットの電源プラグをコンセントから抜いてください。さらに,電源ユニットやマザーボードなどのコンデンサの帯電を無くすため,電源プラグを抜いた後30秒ほど時間をおいてから作業してください。

<< 今回使用するパーツの紹介 | 1.CPUの取り付け >>